2018年02月11日

3531話 ややこしい町


「最近どうですか、ややこしい町へ行ってますか」
「ややこしい町ねえ、滅多にないですよ」
「そういうのはどうやって探すのですか」
「偶然ですよ。行った町で見付かる。町といっても広い町だと、その町全体がややこしいのではなく、その一部、ピンポイントだけが怪しい。町そのものがややこしいのなら、その町の住人全てがややこしい人ばかりに見えてしまいますがね」
「要するにややこしい人が行けば、ややこしいものが見付かるということですか」
「私はややこしい人間じゃありませんよ」
「そうですかね」
「たまにややこしくなりますが、そのときに行けば、普通の町でもいくらでもややこしいところが見つかるものです」
「ややこしいとは、怪しいとか、面倒臭そうなというような意味ですか」
「面倒臭い人間は確かにいますね。そしてそれを怪しいと思うと、どんどん怪しくなります」
「分かりました。つまり、あなたがややこしい町を捻出させているのですね」
「捻出」
「捻り出しているのです」
「それじゃ妄想でしょ」
「だからです。あなたが書かれたややこしい町を何カ所か訪ねたのですが、少しも怪しくないし、ややこしくもありませんでした。だからそれはあなたにしか見えない町だったのです」
「確かにそうですねえ。精神的にややこしくなったときに行った町が多いような気がします。まともなときには逆に出掛ける気もしませんがね」
「あなたにとってややこしい町とは何でしょう」
「私がややこしいので、町もややこしく見えるだけかもしれませんが、そんなとき、ややこしいものを見るとほっとするのですよ。ああ、ここでもやってるやってると」
「何もやってませんでしたよ」
「いやいや、僕が見た限り、もの凄いことをやってましたよ。この町の住人は全て復讐を誓った一族達が暮らし住んでいたりね」
「はいはい、いつものお話しですね」
「この町は盗人の町で、泥棒だらけの町で、泥棒の家が、別の泥棒の家に泥棒に入り、入られた泥棒の家は、また別の泥棒の家に入り、そこで、自分が泥棒に盗まれたものを見付けたとか」
「だから、そんなややこしいことは有り得ないでしょ」
「気持ちがややこしいときは有り得るのですよ。しかし、それはフィクションだとは私自身も分かっていますがね。そういった嘘の世界が見えるのです」
「じゃ、日本ややこし紀行というあなたの本はフィクションなのですね」
「当然でしょ。全部嘘なのですから」
「でも本当にあったややこしい話として書かれていますよ」
「私の頭の中では本当にあったフィクションだからです」
「え、今ややこしいことを言われましたねえ。実際にはないことだからフィクションでしょ。実際にあるフィクションって、何ですか」
「そこで実際にフィクションを見たからです」
「やはりあなたは面倒な人で、ややこしい人だ」
「大なり小なり、皆さんそうでしょ」
「まあ、そうですがね」
 
   了


posted by 川崎ゆきお at 11:16| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする