2018年04月08日

3588話 如何なものか


「昔やられていたことを今またなされるのは如何ですか」
「非難しているおるのですか」
「なされては如何かと言っているだけ」
「如何なものかと」
「いや、そうではなく、またやってみては如何ですか」
「やはり、如何なるものかと否定しておられるのですね」
「違います。やってみてはと言っているだけです」
「やって欲しいと」
「はい、希望です」
「誰の」
「私の」
「人の希望ですね」
「まあ、そうですが」
「私の希望じゃありません」
「昔、折角やられていたのですから、その続きを」
「あれは若い頃でしょ」
「その頃のようにやられては如何ですか」
「如何かと問うておるのですか」
「そうです」
「やはり否定的に聞こえますが」
「やってみられてはどうですか」
「あの頃の情熱はもうありませんよ」
「そうなのですか」
「あなたはどうですか」
「私もありません」
「じゃ、聞くまでもないでしょ」
「あなたならできるのではないかと思いまして」
「同じですよ、あなたと」
「そうですねえ」
「あれは気力がなければできません」
「私は気力はあるのですが、体力が伴わなくなりました。気の持ち方だけでは無理ですねえ」
「そうでしょ。それと大した成果は上がらないと、もう今では分かっていますからねえ。先が見えていることですから」
「その問題も大きいですねえ」
「それが分かっていながら、なぜ今私に勧めるのですかな」
「他にいないからです」
「いないでしょ」
「いないを、いるにするだけでも、良いのじゃないかと思いましてね」
「やるだけなら簡単ですよ」
「そうなんですか? じゃ、簡単ならすぐにでもやり始めて下さい。あなたの様子を見て私も始めたいと思います」
「簡単ですが、それはやっているだけで、それだけの意味しかありません」
「それで充分では」
「そこが若い頃と違うところですよ。やることが目的じゃなく、結果を求めます」
「結果など求めなくてもいいじゃありませんか」
「それは難しい」
「私もそうです」
「かなりしつこいですねえ」
「私がですか」
「そうです。目的は何ですか」
「思い付いただけです」
「じゃ、あなたが一人でやればいいじゃないですか」
「一人では心細いですし、それ以前に私にはもう無理です。しかしあなたならできそうに思えたので言ってみたまでです」
「言えばいいというものじゃないでしょ」
「はい」
「もし私が、また昔のようにやり始めたら、きっと批判されます。如何なものかとね」
「はい、それを言うのが私達の務めになっていますので、言われるのは嫌ですねえ」
「如何なものかと問うのは如何なものかと問い返したいところですが、それもまた如何なものでしょう」
「はい如何なものです」
 
   了



posted by 川崎ゆきお at 12:07| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする