2018年08月12日

3713話 秋立たず


 夏の盛りが過ぎた頃、成田はそろそろ動き出さないといけないのではないかと思うようになった。思うだけ勝手、好きなことを思えばいいのだが、暑いときはそんなことも考えなかった。暑いので、全てを暑さのせいにすることができた。そして毎年だが立秋を過ぎる頃になるとクールダウンするのか、熱だれを起こしていた頭がすんなりと動き出す。これは危険だ。ぼんやりとしている方が成田のためなのだが、本人はそう思っていない。
 いろいろとやりたいことはあったのだが夏場は休憩していた。そういう気になれなかったのだろう。そして今年も再起動するように動き出すことになるのだが、毎年ろくな結果を招かないままうやむやなまま終わることが多い。それが殆どなので、その轍を踏むことは分かっている。分かっていても少し動きが欲しい。以前の続きでもいいし、新しいことでもいい。意欲だけは生まれる。これが問題なのだ。
 冬眠ではなく、夏眠から目覚めたように成田はむくりと起き上がろうとしていた。これはゾンビのようなもの。ゾンビが熱に弱いかどうかは分からないが、日光には弱そうだ。特に夏の陽射しには。
「起き上がりましたか、成田さん」
「はい」
「起き上がりはいけませんよ。寝ていなければ」
「いえいえ、少しやる気が戻ったので」
「まあ、下手に動かない方がよろしいかと」
「しかし、やる気が」
「どんなやる気ですかな」
「さあ」
「やる気だけのやる気ですか」
「はあ」
「去年もそれで散々な目に遭われたことをお忘れですか」
「毎年なので、もう慣れました」
「それで今回は何をするつもりですか。あ、何もなかったのでしたね」
「なくはないです。ちょっと新しいことを始めたいと」
「そんなことは勝手にやればいいことでしょ。わざわざ言いに来なくても、それとも私と関係するようなことですか」
「そうじゃありませんが、関係するかもしれません」
「まだ、何も決まっていないですから、可能性としてはあるわけだ」
「そうです。先輩のお力を借りなければいけないような案件になるかもしれません」
「それはお断りします。ろくなことにはなりませんからね。私は経験を活かす方なので」
「ご迷惑はおかけしません。一応活動期に入ったことを伝えに来たわけです。挨拶です」
「それはご丁寧なことで」
「これは決まりなのです。仕来りです」
「しかし、何をやるのかも決まっていないのに、挨拶も何もないでしょ」
「そうなんですがね。これで、盛り上がるものですから」
「で、盛り上がりましたか」
「はい、これでけじめが付きました」
「止めても無駄ですね」
「はい」
 成田のこと始めは、今年はそこまでで、やる気はあるのだが、やりたいことがないので、それ以上進めなかった。
 
   了

posted by 川崎ゆきお at 10:54| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする