2018年08月30日

3731話 あなたが変わる


「あなたが変わらなければ何ともなりません」
「変えなければ駄目ですか」
「そうです」
「そちらが変わるというのは駄目ですか」
「そちらとは、私のことかね」
「そうです」
「変えないといけないのはあなたです。私じゃありません」
「でも、そちらが変わればこちらは変えなくても済みますが」
「それはできません。私があなたのために変えると、大勢の人が影響します。私一人の話ではなくなります。全体が狂ってしまいます。そして大勢の人が変えてきました。それは変えられるのです。だからあなたも変えなさい」
「あのう」
「何かね」
「そちらが変わった方が早いのでは」
「そちらそちらと何ですか」
「こちらから見てそちらです」
「私は変わりません」
「変えたくないのでしょ」
「皆のため、大勢のため、全体のためにです」
「あのう」
「まだ何かあるのですか」
「そちらが変えた方が、その全体もよくなると思うのですが」
「え」
「変えたくないのは分かります。こちらもそうですから」
「君は私に刃向かうのかね」
「刃物なんて持ってませんよ」
「変えないのなら、仕方がない。それなりの結果になりますよ。これが最後の忠告です」
「変えた振りならできますが」
「それでいいのです。それで」
「え、本当に」
「はい」
「振りなら、変えていないのと同じでしょ」
「まあ、そうですが、それでいい」
「じゃ、大勢の人達は、皆さん変えた振りをしているだけなんですか」
「それでいい」
「それじゃ変えても変えていないのと同じです」
「だから、変えやすいでしょ」
「まあ」
「だから、変えて下さい。分かりましたか」
「変えなくてもいいのですね」
「変えた振りをしたことで、それで変わるのです」
「そんなことはないでしょ」
「まだ刃向かいますか」
「刃物なんて持ってませんよ」
「まあいいでしょ。今日はこれぐらいにしておきます」
「あのう」
「何ですか」
「いくら暇でも、こんなことで遊ばないで下さいね」
「分かった分かった」
「やはり変えなければいけないのはそちらです」
 
   了



posted by 川崎ゆきお at 10:39| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする