2018年10月01日

3763話 雨上がる


「雨上がると言えば」
「痔が治る」
「ほう、それは雨降って地固まると言うことですな」
「そうです」
「しかし、雨上がるで、そこまで二段階飛びますか」
「そうですねえ」
「じゃ、普通はどうですか」
「雨上がるなら、これは嫌なこととか悪いことがやっと去ったという感じです」
「雨が悪いことととして見た場合ですね」
「そうです」
「雨上がり、さて、晴れているかどうかは分からない。まだ曇っているでしょ。もし青空が出ているのなら、これは俄雨。今まで晴れていたのに、急に降り、そして雨上がる」
「はい」
「雨上がりにも色々あります。しかし、降っているより、降っていない方が好ましい。これは全てではありませんよ。雨が必要な事柄もあるのですからね。雨で中止になればいいようなこともあります」
「はい」
「しかし、雨上がるで痔治るとはいったいなんでしょう。その突き方が妙です」
「痔、固まるです」
「それで治るわけですか。しかし、硬くて痛いんじゃありはしませぬか」
「爛れていたのが、乾いてとか」
「あなた痔ですか」
「いいえ」
「じゃ、思い当たらないでしょ」
「そうですねえ」
「要するに地と痔をくっつけたかっただけ」
「はいそうです。でも雨上がるですぐに思い付いたのが痔固まるでした」
「ただの駄洒落でしょ」
「そうです」
「歌詠みの場合、本当は駄洒落なのですが、そこになるほどと言い当てるが如く妙味や、その掛け方に風情や趣き、また有為な意味合いが含まれておるものです」
「でも洒落を楽しんでいるのでしょ」
「洒落と駄洒落の違いはそこにある。上等な和菓子と駄菓子の違いのようにね」
「雨上がる、痔固まるじゃ駄目ですか」
「まあ、君がそう連想したのだったら仕方がない。それが君のお人柄ということでね」
「人柄とは関係ないと思いますよ」
「そういう駄洒落は我慢しなさい。言えば命を落とすことにもなりかねません」
「表現のために命を賭して」
「だから、駄洒落ではその価値はないでしょ」
「しかし」
「はい」
「雨降って痔固まる……私は好きです」
「有り難うございました」
「他では言わないように」
「はい」
 
   了


posted by 川崎ゆきお at 10:54| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする