2018年10月04日

3766話 成功者予備軍


「何でもいいからやってみることですよ」
「何でもではよくありません。将来が掛かっていますので、無駄なことをして道草を食いたくありません」
「将来ですか」
「そうです」
「それはどんな」
「まあ、成功することです」
「成功者」
「ちょっと金持ちで、ちょっといい身分の」
「それが将来の夢ですか」
「そうです。だからそのラインに沿った動きでないといけません。将来が掛かっていますから、何でもいいからやってみるわけにはいきません」
「それはよく分かるのですが、成功者になってからのことも考えないと」
「あと」
「そうです」
「さらに上を目指すのです」
「際限なくですか」
「はい、まだ力のある間は、先へ先へと進みます」
「しかし、落ちることもあるでしょ」
「落ちないようにします」
「まあ、落ちるものですよ」
「そんな油断は」
「あなたは順調でも、世の中がちょっと変わったりします。すると、違ってきます。だから、落ちることもあるのですよ」
「あるかもしれません」
「だからあなたは落ちるために頑張っているようなもの」
「落ちません」
「あなたが落ちなくても、落とされますよ。あなたが誰かを落としたように」
「そうならないようにします」
「成功者のなれの果てを多く見てきています」
「成功者のまま終わる人も多いでしょ」
「確率的には低いかもしれませんよ」
「そうならないように」
「成功者は窮屈なものですよ。意外と選択肢が少なく、自由度も低い。下手に動けません。だから、何でもいいからやる、という真似はしにくい」
「非常に水を差すお話しですねえ」
「あなた、今やりたいことがあるのでしょ」
「あります」
「しかし、それは将来とはあまり関係しない」
「そ、そうです」
「何も考えないで、やることですよ」
「そうでしょうか。いやいや、同調してはいけない。僕には将来がある。ここで余計なことはしたくない」
「でもやりたいのでしょ。しかし考えるとできない」
「はあ。いやいや、ここでぐらついてはいけない」
「しかし、引っ張られるものがある」
「まあ、そうですが。いやいや、そんなものに引っ張られている暇はありません」
「じゃ、どうして、ここへ来られたのですか」
「そ、それは」
「私はインチキな占い師です。ここへ来たのは、もう一つの可能性を捨てきれないからでしょ」
「分かりますか。いやいや、いけない。それを否定しに来たのです」
「じゃ、一人で否定すればいいじゃありませんか」
「まあ、そうですが」
「そして、私は何もまだ占いはしていません。ただ、何でもいいから好きなことをなさればどうですかと言っただけですよ」
「僕の将来によくないことです」
「成功を夢見て失敗に終わる。失敗があなたの夢だったりもしますよ」
「それはただの結果です。そうならないようにするのが一般でしょ」
「一般ねえ」
「もういいです、見料を払います。いくらです」
「まだ、何も見ていないので、いらないですよ」
「そうなんですか」
「よければ成功の運が出ていると、言いましょうか。これで盛り上がりますよ」
「それも結構」
「でもあなた」
「何ですか」
「そんな状態じゃ成功など有り得ませんよ。こんなもの占わなくても分かること」
「失礼します」
「はいはい」
 
   了


posted by 川崎ゆきお at 11:10| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする