2019年07月04日

3438話 メインなき戦い


 もう、どうでもよくなかったことに対し、坂上は元気になる。これはプレッシャーが解けたためだろうか。メインとしてやっているような大事なことは慎重になる。
 しかしメインから外れ、もうしなくてもいいようなものには遊びが生まれる。少し外れても、はみ出しても支障が無いためだ。ほとんど意味がない。本来なら余計なことをまだしているようなものだが、そのやり方が楽になったので、やり方を楽しんでいるようなもの。それが楽しいかどうかは分からないが、メインの事柄ほどには神経を使わなくてもいい。
 だが、最初からもうどうでもいいことではなく、大事なことだった。メインだった頃は真剣に真摯な態度で臨んでいた。これが実はいけなかったのだろう。真面目な態度はいいのだが、それで固くなり、結構保守的になっていた。下手なことをすると失敗するため。失敗するとあとがしんどくなるし、影響も大きい。失敗は成功のもとにはならないで、失敗のもとを作るようなもの。
 ただ、もうどうでもいい事になってしまうと、失敗も成功もない。当然上手くいった方がいいのだが、失敗しても気にならないメリットのほうが大きい。
 失敗がメリットになるのではない。失敗はあくまでも失敗だが、笑って済ませたりできるし、深い傷にはならない。
 それで坂上はこれを活かせないものかと考えた。この方法が楽でいいし、簡単にできる。むしろ坂上らしさが一番発揮できる。いい面が引き出せる。つまり自由に泳がしているほうが坂上には合っているのだ。
 それを活かせないものか。と、考えるが、大事なことでそれを活かすには危険だ。やはり下手なことはできない。
 ということは上手くこなそうとばかり思っていたのだろう。メインなら当然。それが本筋で、遊びではないのだから。
 メイン替え、本流替えをしたのだが、以前、メインで、しかも今はもうどうでもよくなったことだが、そちらをやるときの快適さ、気持ちよさのようなものを、今のメインでも活かせれば、これほどいいことはない。そうなると、このメインも、もうどうでもいいことにしてしまうしかない。
 しかし、そんな発想方法を変えなくても、既にこのメインも怪しいものになりだし、どうでもいいことになる可能性も出てきている。どうせ上手くいかないだろうと、何となく分かるため。
 そう思うと、それほど頑張って大事にやる必要がない。逆に滑稽だ。
 メインを取り外す。メインなき戦い。
 しかし、坂上の場合、そんなことを考えなくても、既にそれをやり続けているように思われた。
 
   了




posted by 川崎ゆきお at 11:37| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする