2019年07月18日

3452話 普通


「あの人は普通にしておれば強いのですがねえ」
「そうですねえ、まずは負けないでしょ」
「負けないことは強いこと。しかし、なぜ普通にしないのでしょうねえ」
「色々と思うところがあるからでしょ」
「思いすぎて、空回りする」
「いやに攻撃的になったり、逃げ腰になったりと」
「それが作為的すぎのでしょ」
「作戦でしょ」
「それが外れるから負けるのです」
「はあ」
「普通にしておりゃ勝てるのに。勝てないまでも負けはしないのに」
「普通って」
「いつも通りでいいのですよ。下手に弄らない方がいい。作戦が外れて逆目に出る」
「言って聞かせてはいかがです」
「言ったよ。普段通りやってりゃ大丈夫だと」
「それを聞かないのですね」
「しっかり聞いてくれた。真剣にね」
「それなのに」
「それなのにね、普通に徹しすぎて臨機応変さまで捨てた」
「何処までが普通なんでしょうねえ」
「だから、普通の動きだよ。自然にそうなるでしょ。普通は。難しいことじゃない。普通といってもずっと普通じゃないでしょ。それなりに自然とずれたり、違うことをたまにする。しかしあの人はそうなるところを強引に普通に振る舞おうとした。まあ、私の意見を聞いてくれたのでしょうがね」
「今度は普通に徹しすぎたのですね」
「そうです」
「どうしましょう」
「好きなようにやらすしかない」
「じゃ、また妙な作戦を立てたり、深く考えすぎたりして、普段通りじゃなくなりますよ」
「あの人にとっての普通はないんだ」
「そうなんですか」
「私たちが思っているだけで、それはあの人にとっては普通じゃないのかもしれない」
「要するに考えすぎるのはあの人にとっては普通なのですね」
「そうですね。それで自分で決めたことは生真面目に守る。絶対にずれない。軸がぶれない」
「惜しいですねえ」
「だから、余計なことはもう言わないようにしましたよ」
「しかし、あの人の作戦、たまに当たって、凄い結果を残すことがありますよ」
「うまく填まったときはね。しかし滅多にない。トータルすれば結果はよくない部類ですよ」
「そのあたりをまたアドバイスされてはいかがです」
「それを言えば、またそのことばかり意識して、何ともならんよ」
「じゃ、放置」
「普通にやればうまくいくのに、惜しいねえ」
「難しいですよね。普通って」
「まあね」
 
   了



posted by 川崎ゆきお at 10:35| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする