2019年10月31日

3557話 みっともない


「晴れましたなあ」
「空は晴れても心は闇よ」
「いますねえ。そういう人。いつも難しそうな顔をしている人」
「わしもそう見えるかね」
「不機嫌そうな顔です。気むずかしそうな。それは無理にそういう筋肉や筋を使っているのですか。たとえば寝るときは緩めるでしょ」
「分からん」
「しかし、その厳つさは反則ですよ」
「そうか」
「だって、構ってくれといってるようなものでしょ」
「それは違う。相手になってもらわんでもよい」
「他の人は普通の顔なのに、あなただけが怖い顔、不機嫌で何か不服そうな顔だと、気を遣いますよ。だから反則だと言ってるのです。あなただけ特別扱いになりますからね。まるで腫れ物でも触るような。これは平等、フェアーじゃありません。最初からあなたが有利なのです」
「そんなつもりで見ておるのか」
「そうですよ。我々は損をしているのです。あなたは最初から得をしている」
「有利なものか、心は闇よ」
「ほら、そう言って威嚇しているのですよ。ということはあなたは弱い人なんだ」
「何を」
「ほら、一寸言うと、さらにきつい目で反応を返してくる。喧嘩腰になる。だから迂闊なことをあなたに言えない。誰だって争いたくないですからね。だから、あなたに対して甘くなる。だから反則なんです。そして自分の弱さを晒しているようなもの。恥ずかしいとは思いませんか」
「心が闇なのじゃから、しかたがない」
「そういう状態でも、普通にしている人もいるでしょ。だからあなたは弱いといっているのです。たとえば私なんて、あなたより不幸な状態にいるかもしれない。しかし、それは私事です。人様に言っても仕方がない」
「じゃ、どうすればいい」
「そんな簡単なことも分からないほど馬鹿なのですか」
「え」
「難しい顔をしているのは、難しいことを考えているわけじゃなく、解決方法が見付からないので、難しい顔になるのでしょ。だから気むずかしい顔のまま固まってしまった」
「何を申す」
「ほら、あなたの解決方法は、そうやって威嚇し、怒鳴るだけ。レベルの低さを見せているようなものですよ」
「けしからん」
「弱い犬ほど吠え立てる」
「許さん、斬る」
「少し忠告しただけですよ。誰かが言わなければ、あなたはそのままだ。まあ、それでもいいのですが、結果的にはあなたは損をし続ける。そして誰も本気で付き合ってはくれない」
「よくぞそこまで言いおったな」
「では、これで失礼します。親切心があだになり、斬り殺されるのはごめんなので、退散します。では、御達者で」
 岩倉は喫茶店の窓硝子に映った自分の厳つい顔を見て、そう言うことを思った。
 そして、眉間の皺を緩めた。
 みっともないので。
 
   了




posted by 川崎ゆきお at 12:07| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする