2019年11月24日

3581話 まやかし


「最近どうですか」
「色々とやってきましたがね。それで分かったことが多々あります」
「経験を積むことで、色々と知識が増えるわけですね」
「ところが余計な知恵ばかり付いてしまいましたね。これが曲者です。紛らわしい」
「それは経験の副作用でしょうか」
「そうかもしれません。しかし、よりよくなるように、色々とやっているわけですから、今よりよくなるような方法を考えたりするものです。これは積極的でしょ」
「はいはい、前向きです」
「それで、今までとは違い、良い方法がかなりありましてね。しかも結構多い」
「やはり、いろいろと調べてみるものですね。そして動いてみること。その成果ですね」
「ところがあなた、よく見ると、よりいいものとは小賢しいものでしてね。小手先の芸のようなものです。だから基本的なところは以前と同じ」
「ほう」
「いわば欺されたわけです」
「何があったかは分かりませんが、よくあることかもしれません」
「特に新しいものには気をつけた方がいい。色々と複雑なことを言ってますが、やっていることは単純なことなのです。その単純なことで解決しない問題は、新しいものでも同じなのです」
「何でしょうねえ」
「無理なものは無理ということでしょ」
「はあ」
「分からないものは分からない」
「単純ですねえ」
「そこから一歩も出ていなかったりするのです」
「何かご機嫌が悪いようなので、退散しましょうか」
「いや、機嫌は悪くありません。それにより随分と無駄なことをしてきましたが、元の木阿弥が結構正しかったりするものです。あまり変わらなかったりしますからね」
「はあ」
「具体的な話はしませんし、面倒な話になるし専門的な内容ですので、それは省きますが、結論を先にいえば、無理をしない方が良いという程度でしょうか」
「単純ですねえ」
「ベースが悪いと、無理が生じます」
「それは分かります」
「身の丈に合ったとはいいませんが、世の中にはまやかしが多い。その誘い水で身の程知らずとなります」
「それで、色々とやってこられたことを整理されるわけですか」
「そうです。私はまやかしものばかりやっていた。できないことでもできそうな気がしたからです。しかしできないものはやはりできない。それだけのことです」
「それは残念ですねえ」
「それで、以前やっていたような無理のないところで暮らすことにしましたよ」
「そうですか」
「ですから、もうあなたと合うことはないでしょう」
「それは残念です」
「いえいえ、お元気で」
「はいはい、御達者で」
 
   了





posted by 川崎ゆきお at 12:02| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする