2019年12月12日

3599話 御三家のいる村


 郊外の町ならいいが、そこからさらに奥に入りすぎたような町がある。ここまで来ると通勤圏内から外れるが土地は安い。週に一度街に出る程度なら何とかなりそうだ。当然毎朝出勤する普通の会社員には無理だが。
 芝垣は普通の会社員だが、自宅で仕事をしている。出勤するのは週に一度あるかないか。だからネットでやっている。最近そういう働き方が増えてきた。そのため、会社からかなり離れていても、何とかなる。
 それなりの広い土地と大きな家を芝垣は手に入れた。中古物件だが、まだ新しい。以前は農家だったようだが、それを建て替えてしばらくしてから引っ越してしまった。不動産屋から聞いた話なので、よく分からないが、確かに家は新しく、今風だ。古い農家だと修善などが大変そうだが、これなら何とかなる。
 引っ越し後、近所の人、これはほとんど地元の人だが先に来たので、挨拶が遅れた。
 近所の人は小さな人で、気さくそうな丸顔。そして「どの家に行きますか」と聞いてきた。
 この村には御三家があり、村人はその一つに入っている。御三家の上はない。本家があったのだが、途絶えた。御三家のひとつが本家を継げばいいのだが、揉めた。それで今でも御三家のままで、三つの家が並び立っている。昔なら本家に挨拶に行けばいいのだが、今は三軒もある。その中の一つを選ぶ必要があるらしい。
 御三家は隣り合っており、ここからここまではこのグループというような感じではなく、バラバラに散っている。
 小さな丸顔の人は、志村さんがいいと教えてくれた。これは勧誘なのだ。
 芝垣はそれに従えばいいものを、即答しなかった。その日なら、その丸顔が志村家まで連れて行ってくれたのに。
 しばらくして、背の高い老人が来て、同じようなことを言いだした。高岡さんのところへ行きましょうと。
 そしてそのあと北沢さんのところへ一緒に行きましょうと、来た。
 芝垣はこの御三家の実態を知りたいので、しばらく様子を見ることにしたのだ。しかし、そんなことはネットには載っていない。
 芝垣は選びようがないので、決めかねていたが、一応引っ越しの挨拶で、近所を回った。
 特に変化はない。
 先ず困ったのはゴミ出しだ。近くに収集所があるのだが、これが三家の土地にあるのだが、出しに行くと、ここではないと言われた。
 家から一番近いのはそこで、もう一つあるが、かなり離れている山の中だ。
 ゴミ収集は町営。芝垣は町民、市民なのだが、村民ではない。この場合、村人だろう。
 三家の何処かに挨拶に行くように、近所の小さな人が親切で言ってくれたのだが、すぐに従わなかったためだろうか。その後も二人も来ている。
 要するに、三家の何処かに挨拶に行けば、村人になれるということだ。そうでないと色々と不便が生じる。村を走っている道は町道だが、実際には村の人達の共同の道。私道に近い。
 そんなとき、また近所の小さな人が来て、どうですか、決まりましたか、と聞いてきた。
 芝垣は了解し、一緒に挨拶に行った。その志村屋敷を訪ねたのだが、当主は留守。野良に出ているらしい。
 それで、その畑へ行ったのだが、畦道にボロボロの自転車が止めてあり、ヨレヨレの老人が草むしりをしている。
 この年寄りが御三家の一人らしい。
 芝垣が挨拶すると、
「はいはい、よろしゅうな」
 これで、挨拶は終わった。
 これで、システムが通ったのか、ゴミが出せるようになった。
 今まで村人とすれ違っても無視されていたのだが、挨拶を受けるようになった。
 最初、誘いに来た親切な小さな人のいう通りにしていれば、別に何の問題もなかったのだ。
 
   了

 


posted by 川崎ゆきお at 12:07| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする