2020年05月13日

3749話 毒人間


「たまには違うことをした方がいいですよ」
「そうですねえ」
「いつも同じことばかりやっているんじゃないですか」
「日常化していますし、慣れていますから」
「いい感じですか?」
「いや、不満が色々あります。できれば変えたいのですが、なかなか」
「なかなか、決心が付かないと」
「何処へ行っても同じだという感じがしますから」
「それは感じでしょ。事実じゃない」
「そうなんですが、何をしても変わり映えがしないと思います」
「思っているだけでしょ」
「まあ」
「実際には違うかもしれませんよ」
「そうですねえ」
「不満があるのでしょ」
「あります。日常化しているので」
「最初はどうでした」
「いい感じでした」
「でも今は不満?」
「はい」
「不満なのにそこから離れない」
「まあ」
「惰性ですねえ」
「そうなんですが、何とかしたいとは思っています」
「それはいいことだ。でも思っているだけじゃ事態は動かない」
「やはり動かないといけませんか」
「不満ならね。気に食わないことをやる必要はないでしょ」
「勇気が」
「うまくいっていることもあるのでしょ」
「あります。そこは動かしたくありません。また、動かす必要もない」
「じゃ、不満に思っていることも、それほど大した不満じゃない。いたたまれないような」
「多少、その面があります。いたたまれないようなことが起こっています」
「じゃ、それを捨てた方がいいでしょ」
「しかし」
「優柔不断なのですね」
「はい」
「しかし、不満やストレスは起爆剤になります」
「もうなっています」
「それはいいタイミング。じゃ、決行しましょう。それを捨てて」
「やってみますか」
「そうでしょ。それだけ乗り気なら、もう十分出来上がっているのですから、盛り上がっている内にやるべきです」
「他のことに変えても、やはりまた同じようなことになるかもしれませんし、それなら、今のまま我慢している方が」
「そういう考えもありますが、要するに動きたくないだけでしょ」
「あ、まあ」
「やりましょう」
「分かりました。目先を変えてみます。探してみます」
「そうしなさい。どれも同じだと言うことは合っていますが、似ているようでも多少違います」
「それは何でしょうねえ」
「あなたの力だけでは何ともならない状態になっている事柄でしょうねえ。だからそこで居座っても良い事はもう起こらない」
「他のことをして駄目だった場合、どうしましょう」
「さらに探すことですよ。最初から良い条件、最初から悪い条件というのがあるものです」
「詳しいですねえ」
「少し目先を変えれば簡単に解決する。そんなことを多く経験しています。惰性で同じところでずっといても何ともならない。所変われば品変わる。結局は人でしょ。人の問題でしょ」
「そうです」
「人と人とは単なる相性の問題。これが最初から悪いとずっと悪い。解決しない。相性がよければ、すんなりといく。それだけですよ」
「確かに私が不満に思っているのは、人でした」
「それはあなたに対して毒を発しているのでしょう。相性が悪いと、毒になる」
「はい、分かりました。そこから離れます」
「はい、そうしなさい」
「あなたはいい人ですねえ」
「私は実は毒の塊なのかもしれません。だから長く付き合わない方がいい」
「はい、有り難うございました」
「うむ」
 
   了

posted by 川崎ゆきお at 12:14| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする