2020年05月16日

3752話 天気予報


「曇ってきましたねえ」
「陰りましたな」
「いい天気だったのにね」
「そうですね。晴れは長く続かない」
「いや、長く続いていましたよ。雨や曇っている日の方が少ないほど」
「そうでしたか」
「むしろ曇り日や雨の日は長く続かないのでは」
「そんなものですかねえ」
「この時期だけですが」
「よく見ているねえ」
「はい、ニュースより先に天気予報を真っ先に見ます。こちらの影響の方が大きいですからね」
「天気が好きなのですか」
「いや、これは自然界の出来事ですから、好きも嫌いもありません。むしろ悪い部類でしょう。色々と災害も起こりますし、そのレベルじゃなくても、湿気ていると、息が詰まりそうです。当然低気圧が来ていると厳しいですねえ。誰にも文句は言えませんが、天地異変は統治者が悪いということになっていたようです」
「因果関係はないでしょ」
「原因が欲しいわけです。そして、文句が言える相手が」
「ほう」
「今は流石にそんな非科学的なことはやりませんがね」
「天災なら仕方ない」
「そうでしょ。しかし、それを人災に持って行く癖が残っているのです。悪い奴がいないと治まらないんでしょうねえ。結局はオカルトです」
「ほう」
「まあ、晴れていたのが曇ってきた程度では人のせいにはしませんがね」
「これは雨になるかもしれないねえ」
「天気予報では持ちます。まだ曇ったままで。降りはしません」
「しかし、どんどん暗くなってきましたよ」
「本当だ」
「これは降りますよ」
「それはいけない。傘がない」
「降らないうちに、戻りましょう」
「そうしましょう」
「で」
「え」
「これは誰の責任ですか」
「雨が降る程度では、別に悪い目に遭うわけじゃないでしょ」
「予報官が悪いとは言えませんか」
「言えません」
「でも、当たらなかったじゃないですか。もうパラッと来そうですよ」
「外れてもいいのです」
「どうしてですか」
「当たるも八卦当たらぬも八卦が天気予報の原則。当たらなくても当然と言うことですよ」
「じゃ、オカルトですねえ」
「科学も極限まで行けばオカルトです。世の中の底に流れ、ずっと安定を保っているのは、このオカルトですよ」
「そうでしたか。知らなかった」
「パラパラ来そうです。急ぎましょう」
「はいはい」
 
   了



posted by 川崎ゆきお at 12:37| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする