2020年08月07日

3835話 後退


 先の見通しが付いたとき、その先へ行くかどうか、竹田は考えてみた。別に行かなくてもいいのではないかと思えたのだ。それは望んでいるものとは少し違う。望んでいるものを追いかけていたのだが、それも大体終わった。その先にもまだあるのだが、一寸様子が違う。その先にあるのは望んでいたものとは違うというより、あまり行きたくないところ。それで最近新たに見付けた横道を追いかけていた。これが理想的なものなのだが、その先になると、理想からは外れる。
 ということは先へ進まず、横へ行った方がいい。ただ、その横もかなり行った。だからこそ横へではなく前へ向かおうとしたのだが、その先がさほどよいものではない。
 すると後退するのがいいのかもしれない。一歩二歩後退しても、まだ理想内。望んでいた世界にいる。後退し、横へ向かってもいい。先へ先へと進みすぎたので、素通りしたところもある。急いで先へ行かなくても、その先はそれほどいいものではない。竹田はそれを知った。
 さらに後退してもいい。すると範囲はぐっと拡がる。まだ行っていないところがいくらでもある。
「また路線変更かね、竹田君」
「はい、先へ行っても大したことがないのです。逆に行きたくないようなところだったりします。理想のさらに理想。もっとハイレベルなところかと思っていましたが、違っていました」
「まあ、世の中のカラクリでも、そういうことがあるでしょう。理想の延長ではなく、別のものになっているとかね」
「はい、学習しました」
「じゃ、先へは進まないと」
「求めているものとは違いますので」
「そう」
「後退した方が、まだ豊です。色々あります。それに理想内ですから」
「理想ねえ」
「思い描いていた展開です」
「理想は難しいよ」
「はい、絵に描いた餅もありますが、その周辺だけでも十分です」
「また地味な」
「意外と消極的な方が、豊なのです」
「それも学んだのかね」
「いえ、それはカンで、まだ実感はありませんが、おそらくそうだと」
「まあ、停滞もある」
「いや、停滞はその場に留まることですが、後退ならいいでしょ。そして後退し、横穴を掘り進むのです」
「それは何だろうねえ」
「いいものは過去に結構あるのです」
「アーカイブだね」
「そうです。でもそれらは過去の遺産ですから、そこで終わっています。先はありません。意外とそのほうが安心です」
「まあ、竹田君が何にこだわっているのかは知りませんが、後退は元気がないねえ。私の指導が悪いように見られる」
「いえ、先へ行く方がいいとは言い切れませんよ」
「それはそうだがね。古いことをまたぶり返してやるのもいいのですが、違う言い方をしなさい。そうでないと、私の顔が」
「分かりました。先へ向かっているような呼び名を考えます」
「うむ、そうしてくれたまえ」
 
   了





posted by 川崎ゆきお at 12:52| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする