2020年12月07日

3956話 ア・ハア


 勢いが落ちたようで、島田はやる気を失った。
 そんなことでやる気を失うのだから大した目的ではなかったのだろう。あるとすれば勢いだけを期待し、勢いが目的だったのかもしれない。だから勢いのあるものなら何でも良かった。
「勢いねえ」
「不調です」
「絶不調というやつですね」
「絶好調のときは楽しかったのですがね、いや、勢いに乗る手前も楽しかった。まだ乗っていないのですが」
「右肩上がりというやつですね」
「それでもう辞めようかと思います」
「勢いが落ち着いてからが勝負ですよ」
「まだまだ落ち続けます。落ち着いていません」
「いや、これ以上落ちないというところがあるでしょ。そこなら、もう勢いの底。落ちようがない。だから落ち着ける」
「それは」
「だから勢いなど期待しない方がいいのです。そんなものを楽しみにしても、いずれ落ちるか、飽きてきますよ。すぐに退屈なもの、地味なものになり果てる」
「白河さんはどうなのですか」
「私ですか」
「そうです」
「私は何もしないことに決めました」
「でも色々やっておられるじゃないですか」
「どれも勢いはありませんよ」
「勢いがないのにまだやれるコツを教えてください」
「何もしないことに決めました」
「やっておられるのに」
「何もしていないのと同じです」
「そうでしょ。もうやってもやらなくてもいいようなものですから。勢いがあるときは別でしたが、今は値が下がった」
「だから元々何もしないことが前提ですので、やっても何もしていないようなものですよ。それこそ何もしていないと暇でしょ、だから何かをしてしまうだけです。これは何もしていないのと変わらない」
「ややこしい構造ですねえ」
「そうですねえ、醒めた感じでやるようなものです」
「それじゃ楽しくないでしょ」
「ありませんねえ。しかし味わいがあります」
「味わいですか」
「地味というやつです」
「僕にはなかなかその心境には」
「まあ、色々やっていれば、そんな感じになるのです。私だけのことで、他の人は知りませんがね」
「やはり勢いがなくなると、そこから脱したいです。地味もいいのですが、それじゃ楽しくない。もっと溌剌としていたい」
「当然それもいいでしょ」
「そうでしょ。だからやはり、勢いがなくなったものは捨てようと思います」
「尤もなことです」
「そうでしょ」
「そうしなさい」
「しかし、白河さんはそうしないで、留まっておられる。どうしてですか」
「いや、何処で何をしても、もう似たようなものですから、動いても仕方がないだけ」
「何かもっと奥深い秘密でもあるのでは」
「何もありません」
「お世話になりましたが、もうここを去ります」
「どうぞどうぞ」
「でも白河さんはずっと居座っておられる。どうしてなのですか」
「ここの椅子、座り心地がいいからです」
「あ、はあ」
 
   了




posted by 川崎ゆきお at 12:54| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする