2021年01月13日

3993話 新年の蠢動


 まだ大寒も来ていないのだが、吉村は春を感じた。この春は新春。新しい年ということで気温を差しているわけではないが、一月も中旬を過ぎると完全に正月気分は抜ける。おとそ気分。だが吉村は飲んでいないが。
 これから真冬の一番寒い頃にさしかかっているのに、なぜ春を感じるのか。それはその日はよく晴れ渡り、高気圧に覆われ、寒いが日差しが明るく、街も明るく見えるためだろう。それで新春を感じなかった正月だが、今頃新年を感じている。
 年を越したというのが、その時期に分かる。既に十日は過ぎているのだが、リアルに感じるのは、その頃なのかもしれない。
 十日目に、ああ新年を迎えたなあ、と思うのだから、少し遅いのだが、そういう気になるのだから仕方がない。
 吉村は寝正月で何処にも行っていないが、正月が明けてからも何処にも行っていない。買い物には行くが、これといった用事はない。
 友人知人は消えてしまい、毎年年末に帰省する親友も、もう十年ほど前から帰って来ない。すっかり都会の人になったのだろう。
 春を思わせるものは何一つなく、真冬の風景しかないのだが、なぜ春を感じたのか、吉村は不思議な気がした。感じたのだから仕方がない。感じようとして感じたわけではない。
 年明けを感じようとしたが、感じなかった。一夜明けた程度の気持ちしかなかった。
 蠢動。吉村は虫ではないが、腹の虫が動き出したのかもしれない。もう春だと。それにしてもまだ早い。フライングだ。
 ということは、今年、何かやろうとしているのかもしれない。
 何を。
 それが分からない。だが何かが蠢いている。胎動だ。何かは分からないが、きっと何かがあるのだろう。
 何か何かでは何かよく分からない。
 だから、ただの気のせいだ。
 と、思いながらも気になるので、心当たりを探してみた。それらは過去にある。過去に蒔いた種が発芽したのだろうか。
 または長く寝ていた虫が、起き出したのだろうか。
 しかし、あれでもないし、これでもない。思い当たるものがない。それでは何ともならない。
 気分だけ盛り上がっても、何に対しての盛り上がりなのかが分からないのでは、空回り。やはり具体的なものがないと、うまく絡まない。
 そうか、何か新たに考えて行動せよということか。と、吉村は、そう受け取った。
 いわば白紙のページ。そこから始めよと。
 それで、いろいろとやりたいことなどを考えていたのだが、数日経過しても、何も出てこない。特にやりたいことがないのだ。
 そのうち大寒波が来て、真冬の一番寒い状態になる。
 それで、感じていた春も凍ってしまったのか、その後、あの春の気配は、もうしなくなった。
 やはり気のせいだったようだ。
 
   了

 



posted by 川崎ゆきお at 12:45| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする