2021年01月19日

3999話 全てがそうではない


「少し暖かいですねえ」
「真冬なのに、この暖かさ、暖冬でしょう」
「寒いときは固まっていますが、今日のような暖かさなら」
「動きが良くなると」
「逆です。鈍くなります。暖かいので」
「そうなんですか」
「着込んでますから」
「そりゃ暑い」
「それに暖かいのに、ここなんて暖房がよく効いているので、夏よりバテます」
「冬に夏バテですか」
「はい、冬バテはありません」
「でも寒くて固まっているのでしょ」
「それだけではバテません」
「しかし、この時期のこの暖かさ、この先、寒い日が来るんじゃないですか」
「楽あらば苦もありですか」
「しかし、あなた、今日のようないい日和なので、楽なはずなのに苦痛なんでしょ」
「暑くてだらっとして、やる気も起きません。夏の暑いときと同じです」
「じゃ、うんと寒くなると」
「その方がいいです。頭は冴えます。じっとしておれば身体は固まってしまいますが、動けばどうってことはない。だから楽です」
「苦であるはずなのに楽とは」
「いや、全てがそうではありませんよ。しかし楽の見いだし方があるのです」
「ほう」
「楽なときでも苦はあります。食べ過ぎて腹が痛いとか。御馳走をたらふく食べることはいいのですが、そのあとが」
「なるほど、苦楽どちらにも苦楽があると」
「全てじゃないですよ。楽なだけもあれば、苦しいだけもあります。当然でしょ」
「そうですねえ。しかし、楽のあとには苦があり、苦のあとには楽がある。当然全てじゃありませんがね」
「そうなんです。全てそうでないところにややこしさがあります」
「長所は欠点であり、欠点は長所である。これはどうですか」
「全てがそうじゃないでしょうがね」
「そうなんです」
「じゃ、そういうことは言わない方が賢明かもしれませんねえ」
「まあ、そういう面があるという程度でしょ」
「そうですねえ」
「それで、あたな、これからどうされます」
「そのへんを歩くにはいい気候ですが、何せ暑いので、動きが悪いので、そのまま戻って昼寝します」
「暖かいと思い、油断して寝ていると、風邪を引きますよ」
「もう引いているのかもしれません」
「ああ、それで体が熱いと」
「はい、熱があるようです」
「それはいけない。早く戻って静かにしておられるのがいい」
「はい、そうします」
「お大事に」
 
   了



posted by 川崎ゆきお at 12:45| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする