2021年02月20日

4031話 足軽参謀


「草加源内」
「はい」
「何者じゃ」
「その者が加わってから様子が変わったことをつきとめました」
「聞いたことのない名じゃが」
「私も初めて聞きます。そんな者が家中にいたのかと」
「かなり押され気味じゃ。敵の勢力が増えておるのもそのためか。わが方は減っておる」
「草加源内の仕業かと」
「確かか」
「変化があるとすれば、草加源内が加わったことだけです」
「何者じゃ」
「調べさせてみましたところ小者です」
「使用人か。それでは身分が低すぎるどころか、加われんじゃろ」
「小者に毛の生えたような足軽です」
「足軽身分でも低すぎる。してどんな家柄じゃ」
「だから、かろうじて足軽に取り立てられいますが、それまでは何をしていたのか分かりません」
「うちにも下草嘉平という知恵者はおるが、身分が低すぎて加えられん」
「下草は切れ者。惜しいです」
「家柄も悪いし、身分も低い」
「足軽でしたね」
「そうじゃ」
「敵はそういった身分の低いものを加えておるようです」
「家柄が高くてもろくなやつがおらんからなあ」
「木川寺」
「それがどうした」
「ここが密談場所と分かりました」
「同席できぬからじゃろ」
「おそらく」
「誰が会いに行っておる」
「清原又造殿かと」
「では、清原が策を聞き出しておるんだな」
「そのようです」
「いつもの出方と違っておるので、おかしいと思っていたが、足軽の策か」
「我らも足軽の下草を加えられては」
「それはならん。同席できん」
「では、私が会いましょう。そして私の意見としてならよろしいでしょ」
「好きにせい」
 この二つの政敵同士を仕切っているのは、ただの足軽だということは極秘とされた。
 結局は草加源内と下草喜平が直接会談し、和解の方向で、調整を始めたようだ。
 
   了
 

posted by 川崎ゆきお at 12:25| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする