2018年01月20日

3509話 平穏な日々


 平穏な日々とは過ぎ去ってからでないと分からないかもしれない。平穏な日々を思うのはそうではないときに多い。つまり平穏ではない日に平穏な日々を思うのだろうか。平穏な日々を過ごしているときは、それが平穏だとは思っていないかもしれない。退屈で刺激がないとまではいわないが、それなりに小さな出来事があり、少しだけ日常も乱したり、またいつも通り行かないトラブルもある。それらはその日のうちに解決していることが多い。転んで擦り傷を負ったときなどは、それが治るまでしばらく日数が掛かるだろうが、かすり傷程度で済めば大事に至ったり、その後、尾を引くようなこともなければ平穏はすぐに戻ってくる。
 平穏ではない日々というのは、解決の見通しが立たないなどの先に対する不安が含まれるため、平穏ではいられない。これももの凄く遠い未来なら別だが、近々やってきそうな嫌なことが予想できる場合、平穏は崩される。しかし、それも慣れてくると、日常化していくのだろうが、その前まで過ごしていた日々がもの凄く平穏に見える。
 平穏とは受け取り方が違うが、先への見通しが明るい頃などは、いい日々だろう。ここでは平穏さよりも、未来への期待の方が大きい。それを得られる可能性が高いと、日常が多少乱れても何ともない。よりいいものが手に入るためだ。
 平穏ではない日々から、平穏な日々へ至る峠道がいい。平穏さを感じるのは、そのときかもしれない。そして平穏な日々がまた続くのだが、もう有り難さはない。
 夢や希望は絵空事の想像だけでは無理で、実現できる可能性があるときに、それが実感できる。夢があるとかないとかは、実現できそうなものがあるかどうかで、夢の規模ではない。それは些細なことでもいい。
 実現できない夢や希望もある。この場合、一歩でも近付ければ、それなりの納得の仕方で、夢を果たしたことにはならないが、前進したという達成感程度はあるだろう。
 むしろ夢や希望を果たしてしまった方が厳しいかもしれない。
 平穏な日々は、あまり夢や希望を必要としない。
 
   了

posted by 川崎ゆきお at 10:51| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

3508話 来る者は拒まず


「来る者は拒み、去る者は追う」
「何処かで聞いたことがありますが、それは、来る者は拒まず、去る者は追わずじゃないですか」
「来るものを拒まず、では人が増えます。しかしどうなんでしょう」
「何が」
「必要な人達でしょうか。または気に入った人ばかりじゃないでしょ。嫌な人も入っています」
「それを拒まない腹の大きな人です。包容力や寛容力があるのです」
「来る者ではなく、この人に来てもらいたいという人を探すのがいいのです。それに向こうから来る人はろくな人がいない。たまたま良い人も混ざっていますがね。これはこちらから探し出そうとしていた人だったすると、探す手間が省けます」
「では去る人は追いかけるとは?」
「当然でしょ。こちらでお願いして来ていただいたのですから、引き留めますよ。勝手に来た人なら、勝手に去っても何ともありませんがね」
「でも来る人は拒まぬの人も、来るのを待っているだけじゃなく、同じように探しているはずですよ」
「しかし、去る人は追わずでしょ」
「はい」
「ここが違います。去ります、あっそう、では愛想がない。嘘でもいいから引き留めないと」
「まあ、そうですが、それは去って行く人は仕方がないということでしょ」
「来る人を拒み、去る人を追う人の方が人を大事にしていると思いますが」
「そうでしょうかねえ」
「何ともならない人を受け入れた場合、その来た人のために果たして良い事でしょうかねえ。望まれていない人だった場合、あまりいい感じでは過ごせないでしょ。ところがこちから出向いて見付け出して来てもらった人は、大事にしますよ。眼鏡違いということもありますが、それは選んだ人の責任。来た人の責任じゃない。ところが来る者は拒まずで来た人は、自己責任ということになります」
「しかし、良くいうじゃありませんか、来る人は拒まず、去る人は追わずって。何か良いことがあるから、そんなフレーズができたのでしょ」
「それはおそらくタイプでしょうねえ。お人柄を表す言葉でしょ。ただ私の性分からいいますと、来る人を拒まずの人のところへは行きません。是非来て欲しいという人のところへ行きます。待遇が違いますよね。それに選ばれた人間になります。必要とされている人間にね」
「じゃあ、去る人は追うも、あなたの性分ですか」
「そうです。もし私が去ることになったとき、引き留めてほしいものですよ。あ、そう、じゃ、よりもね。だから私から去る人にも、引き留めます。去る人への餞別です。引き留めても無駄な人でもね。まあ、それなりの事情があるのでしょ」
「じゃ、来る人は拒まず、去る人は追わず、は駄目ですか」
「まず、それを言ってる人が大した人じゃない。中には大人物もいるかもしれませんが、本当は複合型でしょ。まあ、そういう大人物がいうのなら、方便として聞きますがね。本当は違うでしょ、というのを知りつつね」
「それであなたは成功しましたか」
「いや、来て欲しい人から拒否されますし、門を開けていても、来る人はいません。拒みようがない。それに人がいないので、去る人もいない」
「ああ」
 
   了


posted by 川崎ゆきお at 12:16| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

3507話 日向ぼっこ


 縁側に日が差し、座敷の一部にも日が入り込んでいる。その中間に蒲団がある。庭で干していた蒲団を取り入れたままのようだ。
 大村はそこに寝そべり、庭から見える明るい空を眺めている。そのうちウトウトし始めた。
 大村が覚えている至福のときというのは、そんな感じで、まだ物心が付くか付かない頃だろう。もの凄く古い記憶として覚えている。それ以前の記憶になると曖昧で、明快な絵は描けない。
 冬の小春日和、大村は座っていたベンチでふとその頃を思い出した。もう大村は老人。
 あの縁側での蒲団の上に匹敵するような至福感はその後なかったように思える。色々なことで喜んだり、楽しんだりしたが、単に取り入れた蒲団の上に転がっているというような単純なものではない。意味が色々と詰まっている。達成感とか、いい偶然とか。
 しかし、あの蒲団の上を越えられない。その蒲団は暖かい空自を吸い込んで倍ほど膨れているように見えた。そのためボリュームがあり、柔らかい。
 当時、それを幸せなこととして受け止めながら転んでいたわけではない。それに幸せとか至福とかの言葉も知らなかっただろう。
 ではいつ頃、それが至福のときだと思うようになったかだ。それは二十歳前後だろう。
 その後、年寄りになるまで、それを思い続けている。一番いい例として。
 ただ、大人になると、同じ条件で転がっても何もないだろう。親なら注意するところだ。
 大村は周囲に誰もいないことを確かめて、ベンチで横になった。蒲団とベンチとの差はあるが、悪いものではない。しかし、もの凄く幸せな気分にもなれないが。
 夏の日とはいえ、遮るものがないので、流石に暑くなってきた。
 それで座り直し、またあの蒲団のことを思い返す。これは何度もやっているので、それ以上の記憶は呼び出せない。
 流石に日に当たりすぎたのか、日向ぼっこを中止し、帰ることにした。
 もの凄く簡単なものなのだが、二度と体験できないこともあるようだ。
 
   了
 

posted by 川崎ゆきお at 10:52| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

3506話 夜中の目覚め


 夜中、目を覚ました高畠は、よくあることで、これはトイレだ。しかし、そうではなく、目が完全に開き、眠気がない。そんなことは滅多にないので、これは何だろうかと考えた。床についてからそれほどたっていないが、そこそこ眠っている。だがまだ半分ほどで、こんな時間に起きると、朝までが長すぎる。
 誰かが起こしたわけではない。灯りを付けると、室内はいつも通り。目が覚めるほどの大きな物音もしていないはず。ごく自然に目が覚めたのだが、起きた時間が不自然。
 季節は真冬。寒くて目が覚めることはあっても、すぐにまた寝てしまう。こんなにしっかりとは目は覚めない。また、まだもう少し寝ていたという気持ちもない。
 それでも早すぎるので、一応トイレに立ち、戻ってきて、また布団の中に入った。これは眠った方が得策。原因は分からないが、考える必要もないだろう。フライングのしすぎだ。
 しかし、眠れない。いつもならもっともっと寝たい方で、不眠症とは無縁。
 木下は仕方なく起きることにした。これは仮起きで、本気で起きたわけではない。再び灯りを付け、いつも起きたときのようにパソコンの電源を入れる。
 そしてウェブを軽く巡回。いつも見て回るようなところを覗く程度。ネット散策だが、決まったコースがある。
 煙草を取り出すと、コーヒーが飲みたくなった。冷蔵庫にアイスコーヒーが入っているが、それを飲むともっと目が冴えるだろう。それで昨夜の残りの水がコップに入っているので、それを飲む。本気で起きて、一日のスタートを切るつもりはないので、着替えもせず、ストーブを強くして座っていた。
 体調が悪いとき、夜中に目が覚めることがある。今夜と同じように。そんなとき、一度起きると、すぐにまた眠くなる。そのコースに乗ろうとしていた。
 ところが眠気が襲ってこない。しかし、頭はそうだが、体は眠り足りないのか、疲れてきた。
 これはいいタイミングだと思い、パソコンの電源を落とし、さっと蒲団に入った。
 眠気はないが、強引に目を閉じた。その状態でも映像がある。模様のようなものが動いており、それが人の顔に見えだし、さらに見続けていると、非常にリアルな顔になっていく。しかも怖い顔。これは体調の悪いとき、たまに現れる。解決方法は目を開けること。それで怖い顔は消える。そして再び目を閉じると、また模様から始まる。そのあと人の顔になる手前で、さっと目を開ける。
 これを二三回繰り返していると、もう模様も出なくなる。
 そのうち夢の船が来ているのか、自分の意識ではなく、夢の意識が侵入しだし、そのまま持って行ってくれる。
 そして朝方の岸壁に無事寄港したようだ。夢の意識は消え、自分の意識に戻る。
 時計を見ると、寝過ごしている。途中で起きた時間がプラスされたのだろう。
 少し遅れたがいつもの朝を迎えることができた。
 夜中、急に起きてしまったのは何だったのかは今も分からない。
 
   了
 
posted by 川崎ゆきお at 11:44| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

3505話 妖怪ポスター


 その先のことは分からないまま高橋は来てしまった。その地に何かあると聞いたからだ、そういった噂は当てにならない。
 その噂とは竹田の町には何かがある……という程度。何かがあるとだけで何があるのかは分からないし、何もなくはないだろう。どの町にも何かがある。特徴があろうとなかろうと、何かがあることには変わりはない。
 この何かとは、高橋が求めているもので、高橋が欲しいものがそこにあるという意味。高橋にとっての何かで、興味を引くものが何かある程度。求めている何かがあるはず。
「高橋君が好きそうな何かが竹田にありますよ」
 これを教えてくれたのは大黒というたちの悪い友達。結構ブラックな男だが、名が大黒のためだろう。悪友といってもいい。
 その大黒は高橋の好きそうなものを知っている。だからそれに該当するものが竹田町にあるはず。高橋が好むような何かが。
 しかし、竹田の町に来ても、何もなかった。何かあるはずだが、何もない。高橋が興味を引きそうなものが目に入ってこない。郊外の普通の町で、周囲の町と区別が付かないほど特徴がない。これはきっと外からでは見えないところにあるのだろう。
 それで駅前から町を一周したのだが、それらしいものはやはりない。
 しかしよく考えてみると、何かを探しているのだが、高橋にとっての何かで、具体的な何かではない。つまり高橋も何を探しているのかが分からないのだ。これでは見付からないだろう。
 竹田の町の特徴は何もなく、またその歴史も何もない。あるにはあるが平凡なもので、周囲の町と変わらない。竹田ならではの何かがないのだ。謎解きを一人でしてもらちがあかないので、年寄りが立っていたので聞いてみた。
「竹田の特長かね」
「はい」
「それより、ラーメン屋ができたらしいが、あんた知ってるか」
「知りません」
「昨日開店したらしいんだけど、何処にあるのか分からないんだ。おそらく吉岡金物店の近くだと思うんだ。廃業した店があってね。きっとそのあとにできたんだ。そっちへは滅多に行ってないので、分からないが、できたとすれば、そこしかない。しかし、今、人に聞くとそのままらしい。じゃ、ラーメン屋は何処にあるんだ。竹田は狭いからねえ、分かるはずなんだ」
「竹田の特長なんですが」
「え、何。ラーメンでしょ」
「ラーメンで有名なのですか。竹田ラーメンとか」
「いや、わしが今いっているのはラーメン屋の話なので、腰を折るな」
「あ、はい」
「そこで考えたんだ。ラーメン屋ができたことを教えてくれた男がどうも怪しい。あいつ、勘違いしてるんじゃないのか。わしがこんなに探しているのにないんだから、この町じゃなく、お隣の町かもしれん」
「竹田に何かあると聞いてきたのですか」
「そりゃあるさ。色々とね。詳しい話が聞きたいかい」
「はい、お願いします」
「これは噂だがね。この竹田の町名は竹と書くが、実は武田信玄の武と書く。それを隠すため竹田という地名がついた。これは武田家がが滅亡しただろ。勝頼の代で、家来の多くは徳川が抱えた。しかし、武田の復興を望んだ家来が、この竹田に棲み着いたんだよ。甲斐からかなり離れているけどね。これが……」
 高橋はその時代の歴史には興味がなかったので、適当に聞き流した。求めている何かではない。
「あいつ嘘を教えたのかねえ。ラーメン屋なんてできてないよ」
 高橋は老人がまだ話しているのだが、スーと立ち去った。
 すると大黒か。と、そちらを考えた。
 竹田に行けば何かあるというのは嘘だろう。本当なら、行けばすぐに分かるような何かがあるはずなのだが、ラーメン屋を探している年寄りと遭遇しても何ともならない。
 そして、その周辺をもう一度探索しながら、駅へと向かった。
 そして切符を買おうとしたとき、ポスターが目に入った。竹田妖怪祭りとなっている。これだ。探していた何かは、駅にあったのだ。確かに竹田に来れば、これが目に入るはず。これに気付いていれば、探す必要などなかった。
 会場は竹田神社境内となっている。その神社は当然見て回った。だが、そんなイベントなどなかった。
 電車が来たのか、降りてくる人がいる。地元の人らしい初老の女性二人が改札から出てきたので、聞いてみた。
「ああ、竹田の妖怪祭りかい。毎年この時期にやってるよ。行ってみたら」
「さっき、行ったのですが、何もありませんでした」
「竹田神社だよ」
「はい、竹田神社に行きました」
「私らも行ったことがないけどねえ。どんな祭りなのか、気になるけど、妖怪なんて気味悪いからねえ」
 それをニヤニヤ顔で聞いている駅員がいる。まだ若い。さっきまで改札にいた人だ。
「ポスターだけでね。これが妖怪祭りの正体」
「え」
「ポスターの妖怪なんだよ」
「しかし、これ、信じて行く人が」
「いませんよ」
「このポスター、誰が持ってきたのですか」
「ここはポスターを貼る場所じゃないんだ」
「はあ」
「この時期になると、ポスターが貼られている」
「え」
「誰かの悪戯なんだろうけど、そのうち剥がしに来るのか、消えている」
「でも竹田神社にとっては迷惑でしょ」
「これを見て行く人なんていないと思うよ」
「でも竹田神社に行っても何もない」
「妖怪が集まる月となっているでしょ。それが妖怪祭り。妖怪なんて見えないんだから、いなくて当然。でも見える人には見えるんだって」
「じゃ主催は妖怪ですか」
「そのようですねえ」
 大黒はこのポスターの噂を聞き、高橋に教えたのだろう。
 
   了

posted by 川崎ゆきお at 11:41| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

3504話 流浪の果て


 寄場と言われている場所がある。溜まり場ともいい、あまり良い場所ではない。流れ者とかが身を寄せる場所でもあり、土地を追われたり、逃亡した農民、流民が一気に集まることもあるらしい。
 ただこの寄場、一箇所に集めるための施策のようなもので、散らばっているよりも、扱いやすい。
 しかし場所的には街道筋とか、船着き場にある。当然川港にも。これは流通の仕事が多くあるためだろう。
 岩谷家は没落し、その一族郎党は、この寄場に身を寄せた。さる大名家で筆頭家老を務めていた重鎮で、しかもその大名家よりも各上の家系。だから名家だ。
 しかし、よくあるように、この家老は悪家老で、悪事がばれ、無惨な最期を遂げた。ただその功績もあり、大名家の主筋の家系であることも考慮し、その家族は追放だけですんだ。
 この家老には土地があり、領地もあったのだが、当然取り上げられた。しかし、もともとはこの地を任されていたのだから、取り上げるも何も、自分の領地だったのだ。
 出来星大名の家老になっただけでも、惨めだったが、大名家を凌ほどの権勢を振るっていたのだから、取り戻したも同然だが、そのやり口があくどすぎた。
 さて、その家族が流れて着いたのが寄場。そういう連中が小屋がけしている。中には立派な家も建っている。ここは民として認めてもらえない反面、年貢もない。
 悪家老の家族は親切な運び屋の親方の世話で小屋をもらうことができた。親方は荷駄隊を組んで物資を運ぶ仕事。運べるものなら、人でも死体でも運ぶ。この親方、悪家老の家族の顔を知っていたようで、悪いものを運び込むとき、何度も頼んだらしい。
 そのうち、息子達が荷駄隊を手伝うようになり、親方も喜んだ。跡取りがいないし、もう年だった。
 この荷駄隊を守る人達がいる。護衛だ。頼まれた品物なので、盗まれたり、襲われたりすると大変なため。
 悪家老の息子の一人が、その警備隊長になり、多くの男達を従えだした。家老の息子なのだ。こういう指揮は上手い。世が世なら一手の大将。
 配下の連中は悪党と呼ばれ、運送の仕事がないときは足軽として、戦に加わった。傭兵だ。
 そのうち、この悪党の規模が大きくなり、ちょっとした勢力となる。
 そして寄場の小屋に住んでいたこの家族は、寄場のヌシになり、大きな屋敷に住んでいた。それだけの財力を稼いだのだろう。
 そしていつの間にか、豪族規模になり、寄場の屋敷は城に近い砦になった。荷駄の護衛がいつの間にか武力勢力になったのだ。
 そして息子達はもう立派な鎧兜を身に付けた武者になっていた。元々は名門の武家だったので、少しは戻った。
 下克上の始まる頃、彼らは活躍したが、大きな勢力が天下を取ったとき、あの家族達は足軽隊を総動員して、大きな武功を次々に立て、家柄もいいことから一国の領主にまでなれるはずだったのだが、それを断っている。
 もう浮き沈みの連続がしんどかったのだろう。
 そして武家を捨て、寄場時代の荷駄仕事に戻った。あの親切な荷駄の親方が亡くなったので、それを引き継いだようだ。
 昔、寄場に流れ着いたとき、よくしてくれた親方の情けが忘れられなかったようだ。
 それに悪家老だった父を亡くしたあと、この親方を父のように慕っていたようだ。
 
   了
 
posted by 川崎ゆきお at 11:08| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

3503話 憩いの家


 疋田が引っ越したということで、高村は見に行った。そこは郊外の町だが駅から少し外れた旧市街のようなところにある。鉄道が通ってから、メインは駅前になり、昔の街道が走っていた通りは寂れた。そのさらに外れ、そこはもう場末なのだが、古い民家が多い。歴史的景観とかのレベルではなく、少し古い程度で、時代劇風ではない。
 空き屋が多い。その一軒を疋田が借りているようだが、汚い家で、しかも小さい。だが敷地だけは不釣り合いに広く、しかも母屋は平屋。
 小さな門がある。ガラガラッとそれを開けるのだが、これは門というより塀のようなものだろう。左右は生け垣だが、手入れはしていないのか、尖ったものが好きな向きに伸びている。
 門らしさが一応あるのは屋根があるためだ。あまり意味はないので飾りに近い。
 母屋の玄関口までは飛び石。家は小さいが本格的だ。数歩で玄関まで行けるのだが、南向き。当然縁側がある。その部屋に疋田がいた。手招きするので、玄関からではなく庭から高村は上がった。
「どう憩うかだな」
「そんな隠居さんじゃあるまいし」
「若年寄だ」
「じゃ、働く気はもうないと」
「働きに出てもいいよ。働くことが憩いになるのならね」
「ほう」
「目的は如何に憩うかだよ」
「ここに引っ越したのもそうなの」
「うんうん。これだけのぼろ家なら、もう手を入れる必要はない。放置すればいい。まあ、借りてるだけなので、それは家主の仕事、瓦が落ちれば、家主が直す。借家の気楽さだよ」
「それで、憩えたのかい」
「部屋が少ない。風通しがいい。床下がある。縁側もね。天井裏もある。夏なんて、全部開けてしまえばいい。周囲は草むらのようになってるだろ。庭木も最初からある。これは絵に描いたような家だ。こんな家がまだあったんだ」
「それで憩えたの」
「うーん、今その最中だけど、いい感じだね」
「それはよかったねえ」
「憩うことが人生最大の目的。憩いに向かってまっしぐらだ」
「君んちは金持ちだから、そんなことができるんだよ」
「いや、マンションを買ってやるといってたけど、ここにした。こちらの方が憩えそうだからね。現にいい感じで暮らしているよ」
「庭いじりとかしてかい」
「弄らない。勝手に生えてきて、勝手に花が咲き、勝手に枯れる。放っておけばいいんだ」
「で、ここで一日いるわけ」
「いや、散歩に出るし、遠出もするし、遊びにも行く」
「憩いの家で籠もっているわけじゃないんだ」
「目的は憩い。だから憩いとは何かを考えている」
「年寄りみたいに」
「最近の年寄りは忙しそうだよ。憩ってなんていないかもしれない」
「それで分かったの? 憩いとは何かを」
「これは永遠のテーマだ。憩いとは休憩のようなもの。何かをしたあとの休憩。だから僕が今やっているのは休憩に疲れて休憩をしているようなもの」
「じゃ、憩い疲れもあるってことだね」
「憩い疲れ。うん、確かにある」
「まあ、気楽なもんだなあ」
「苦がなければ楽も分からん。ここがネックだな」
「じゃ、あまり憩っていないわけ」
「これは幸せの解釈と同じでね。自分が幸せだと感じれば、それが幸せなんだ。気持ちの問題だね」
「ほう」
「だから憩っていると思えば、それがどんな状態でも憩っていることになる」
「なったかい」
「そう思えばね。しかし、ここまでして憩えるように持ち込んだのに、憩えていないとなると、これはもったいない。だから憩えたと思うしかない」
「いや、ここは憩いの家だよ。僕も、こんなところで何もしないで、くすぶっていたいよ」
「じゃ、又貸しするよ」
「え、君が折角見付けた物件だろ」
「ちょっと飽きてきたからワンルームの牢屋のようなところに変わるつもりだ」
「ほう」
「あれは座敷牢だね。または棺桶だ」
「そこまで狭くないでしょ」
「やたら壁の方が広い」
「狭いところの方が落ち着くというしね」
「そうなんだ。それにチャレンジしようと思う」
「じゃ、ここはいつ引っ越すの」
「君次第さ。君はここに本当に住みたい? 家賃は貰うよ」
「じゃ、やめておく」
「安く貸すよ」
「ワンルームに引っ越すのなら、もう借りる必要はないと思うけど」
「ここを本家とした」
「え」
「本家は別にあるから、ここは僕の本宅かな」
「じゃ、僕は留守番か。それじゃ管理人代を貰わないと」
「そうか、又貸しじゃなく、留守番になるか」
「まあいい。ここは駅まで遠いし、君の職場も遠くなる。本宅のままにしておくよ。空き屋でもいい。ワンルームは別宅でね。本宅があるからできるんだ」
「そういう世界を作っているんだね」
「別宅の方が憩えるというじゃないか」
「ああ、なるほど」
「憩うのは意外と難しい」
「今日は、もの凄く憩えたよ」
「え」
「こんな憩えそうな家を見て、君を見て、もうすっかり憩えてしまったよ」
「その憩い、どうして手に入れた」
「来ただけよ」
「そうだな。僕は憩えていないのに、君は簡単に越えいる。不思議だね」
「そうだね」
 
   了

posted by 川崎ゆきお at 13:24| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

3502話 現代妖怪講義


「いにしえのことを思うと、神秘に満ちていたように思えるねえ」
「急になんですか、博士」
 寒い季節、妖怪博士宅を担当の編集者がいつものように奥の六畳のホームゴタツで妖怪博士と話している。
「憑き物のように物事には付属品のようなものがくっついておってな」
「儀式なんてそうですねえ」
「家宝とかもある。最近どの家も家宝など気にもしておらんだろ。使う用途がない。しかし、持っていることが大事。家代々に伝わるもの。こういうのが古い家にはまとわりついておる」
「妖怪もそうですね」
「そこへ持っていくのはまだ早い」
「はい」
「昔の人は縁起をよく担いだ。古い暦には怖そうな名の日がある。いい日もあるしな」
「大安吉日ですね」
「何の根拠もない。だから神秘事だ。こういうものが世間には沢山詰まっておった。絡んでおった」
「はい」
「仏事も神事もそうじゃ。仏壇や神棚が普通の家にもあった。また仏事のときの作法のようなものがあり、やってはいけない行為や順番などもある。当然仏具もある。まあ神具は普通の家にはなかったかもしれんが、そういった根拠なき根拠があった」
「でも最近は簡略されているでしょ」
「時間や手間がもったいないからじゃ。濁世のことが忙しいのでな。付き合ってられんのじゃろ」
「礼式とかもそうですねえ。単純な挨拶でも」
「だから根拠なき因果関係なきことが世間で広く行われていた時代は、妖怪も多かった。妖怪も似たようなもので、根拠はない。謂われはあっても、作り話。だから、妖怪も出放題」
「今は出ませんが」
「昔の妖怪は外に出ておった。内に出るとそれは取り憑くという、憑依じゃ。それは妖怪とは言いにくいがな。動物のように姿を現してこそ妖怪。その方が分かりやすい」
「今の妖怪はどうなのですか」
「そこじゃ」
「これからが本題ですね。核心ですね」
「期待するな」
「承知してます」
「今は内に出る」
「家にですか」
「人の中に出る」
「じゃ、憑依」
「形式は憑依系じゃが、中身はよう分からん。狐が憑いたとか、そういった分かりやすいものではない」
「病気とか」
「病気の気の箇所じゃよ」
「その気の中に妖怪が入り込んでいると」
「そうじゃな。内側なので、これは外側からは見えんし、奴らは巧妙。かなり進化した妖怪種。そのため、ビジュアル性を消しておる。形がないと妖怪らしくならんだろ。または名がなければな」
「個人の中に入り込んだ何かですか」
「昔から狐憑きとかはおるが、そこから派生したタイプ。あれはキツネではなく、ただの病じゃ。しかし、たまにその中に妖怪が本当に入り込んでいたのじゃろう。キツネといっているが、それは違う。形も名もない故、何とも言えぬだけ」
「博士」
「何じゃ」
「冬眠している間に、そんなことを考えておられたのですか」
「冬眠ではない。少し睡眠時間が長かっただけ」
「でもいつ来ても留守でしたよ。あれは寝ていたのでしょ」
「まあ、そうじゃが」
「その間、考えていたことが、そんなことですか」
「何がそんなことじゃ」
「あ、はい」
「私は古典的妖怪ではなく、現代妖怪を追っているのでな。妖怪の今の現れ方について考えておったまで」
「つまり今の妖怪は外に出ないで、内に出る。だから見えないし、分からないので、妖怪が出なくなったと思っているだけと」
「集団や、家ではなく、個人の時代になって久しい。メインは今は個人。大きな市場じゃ。人口分ある。現代妖怪もその個人向けになったということじゃ」
「個人オーダーの妖怪ですね」
「そうじゃ。そしてその妖怪、進化し、巧妙になっておる。個人のややこしい動きなどは奴らの仕業なのじゃが、違う原因に責任転換のようなことをしておる。自分が犯人だとは分からんようにな。そのため、分かりやすい原因を表に出し、自らは裏で笑っておるのじゃ」
「憑き物の一種ですね、やはり」
「憑依系の進化したものじゃ。進歩ではなく、進化。これは形そのものが変わる」
「進化とは化けると言うことですね」
「うんうん、上手いことをいうじゃないか」
「はい」
「まあ、それで終わり」
「終わりますか」
「次の策を考えておらんから」
「策とは」
「当然次に考えねばならぬのは、その抜き方じゃ」
「憑き物落とし、悪魔払いのようなものですね」
「それはまだ考えておらん。しかし腹案はある」
「何でしょう」
「妖怪は動物的で知能が低いが、進化した妖怪は賢くなりすぎた。ここが弱点だろうよ」
「はい、期待しています」
「ところで春はまだか。寒くて仕方がない」
「まだこれからが真冬ですよ」
「蓑虫のように冬眠を続けるか」
「はい、また窺います。起きておられる頃を狙って」
「ああ、そうしてくれ」
 
   了

posted by 川崎ゆきお at 11:28| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

3501話 命枯れるまで


 堀田は命枯れるまで生涯現役で仕事をやろうと思っていたのだが、もの凄く早い目にやめてしまった。
 まだ体力的にも問題はなかったが、若い頃のような精気や力強さがなくなりかけていた。まだまだ続けることも当然可能だが、身を削ってまでやるようなことではなかった。それだけの見返りがあるのだが、マイナス効果かもしれないし、堀田にとり、最大の見返りは収入だった。それをやり続けないと食べていけない。
 しかし、経済面が解決したため、もう仕事をしなくても食べていけるようになった。
 仕事も減っており、自分で仕事を作らなければいけない状態になっていたので、これは需要がないことが丸わかりで、そのこともあって、見切りをつけた。
 仕事仲間でやめてしまった人もいるし、商売替えした人もいるが、多くは現役バリバリでまだやっている。さらにその先輩達も現役なのだが、その姿を見ていると、早く引いた方が身のためではないかと思うようになった。
 逆にいいときにやめてしまった人もいる。全盛期にやめたのだろう。少し早すぎるが、いい印象を残して去っている。そして二度と戻っては来なかったので、ずっといいときの印象で生きている。
 年代を重ねすぎると、逆効果になるようで、もうその年でやるのはみっともないとか、惨めとか、哀れにさえ思えるようで、これは堀田の感覚なので、一般性はない。自分がそう感じるのだから、そういう人にはなりたくないようだ。ただやり続けないと食べていけないのなら、仕方がない。
 堀田はドロップアウトしたのだが、その仲間内から見ての話で、本来やりたかったことに向かえることになる。その中身は実は何もなく、何もしたくなかったのだ。
 また堀田の引退を寂しがる人もなく、復帰を願う人もいなかった。これは少しショックだったが、自分の実力から見て、当然だろう。
 命など何もしなくても削れていく。無理に削る必要はないだろう。
「是非戻ってきて欲しい」
 と、ある日妙な男が現れた。これは有り得ない話なので、適当に聞き流していたが、結構な収入になるらしい。
「裏ですか」
「はい」
「そうでしょうねえ」
「裏の仕事ならいくらでもあります。あなたのレベルなら簡単にできます」
「何をすればいいのですか」
「まあ、身代わりのようなものです」
「身代わり」
「なりすましてください」
「代役ですか」
「まあ、そんなものです」
 文筆業でいえばゴーストライターのようなものだろう。
「あなたの名は一切伏せます。また伏せないと駄目ですが、あなたもこのことは伏せ続けてください。墓場まで」
 堀田は仕事に戻る気はなかったのだが、何となくやりがいがあるような気がした。妙な性分だ。戻るのはもう嫌だったが、そういう形でならいけそうだった。それは命を削ってまでやるようなことではなかったためでもある。
 ある日、ものすごい新人が現れた。
 
   了

 
posted by 川崎ゆきお at 11:25| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

3500話 引く人


 岩田は引き際がいい。よすぎるほどで、これは諦めるのが早すぎる。あともう少し粘っておれば引かなくても済む場合もあるが、引かなければいけない状態が、もう嫌なのだ。何かケチが付いたような感じがし、さっさと引いてしまう。
 当然会社を辞め倒している。「そんなことでやっていけるのかね、君」などと仕事中説教されると、やっていけないかもしれないと思うのだろう。やっていけないことはやってはいけない。単純明快な解だ。しかし、この説教は問いかけているだけで、仕事に関しての態度を言っている程度かもしれない。しかし、やっていけるかどうかを自分で判断しなさいといっているのなら、即答で、やっていけないと答えてしまうだろう。
 そのため「やめてしまえ」などと言われると、明日から来なくなるのではなく、その場でやめて、さっさと帰ってしまう。引き際がよすぎるのだ。
 流石にそういうことが積み重なると、経験値が溜まり、そうならない職場を一応は探す。だからチームワークが必要な職種は駄目。引くきっかけは仕事の内容ではなく、職場での人間関係だろう。そこでのひと言が引き金になり、引いてしまうのだ。
 身を引く。それはいいことでもある。適当なところで、ほどほどのところで引き、しつこく粘ったり、深追いはしない。また早くやめて欲しいと思う人が多くいると、さっさとやめた方が喜ばれるだろう。
 嫌な人がいない職場では、逆に仕事がきつかったりする。本当にできなかったりし、努力もしないで、さっさとやめてしまう。力のないものが同じ給料を貰っていれば、同僚にも悪い。岩田の分まで同僚がフォローしているのだから。
 それで、引き続けているうちに最果てまで来てしまった。
 そしてウロウロしていると、引きの大将と出くわした。引くことに関しては、岩田など足元にも及ばないほどのベテラン。その引き際の早さは見えないほど素早い。
「どん詰まりに来てしまいましたかな」
「はい」
「すぐにやめたり、身を引くのが得意なのでしょ」
「そうです。得意すぎます」
「分かる分かる。みなまで言うでない」
「はい」
「わしはその道のベテランだが、引き際が早すぎるやつほど実は粘り強いのじゃ」
「はあ」
「しつこく食らいつき、餌を放さない犬のようなもの。歯が抜け、顎が外れてもまだ話さない」
「その逆です」
「いや、君は引くことをやめない。これだけはしつこく守っておるではないか」
「守るも何も、自然にそうなるのです」
「だから天才だ。作為なしでできる」
「はあ、でもこれが一番簡単ですよ。すぐに諦める方が。そしてすぐに負ける方が」
「実はそういう人を求めている場所がある」
「本当ですか。まさか浜で地引き網を引く仕事じゃないでしょうねえ」
「違う」
「本当にあるのですか」
「あるわけない」
「そうでしょ」
「しかし、先ほども言ったが如く、君のようなタイプはもの凄く根気あり、努力家で、どんな困難でも立ち向かえるタイプなのじゃ」
「そんなバカな」
「だから裏返しじゃ」
「え」
「裏返せばいい」
「ああ、なるほど」
 それで岩田は鬼のデングリ岩というところに連れて行かれ、そこで裏返された。
 その後、引き際の悪い人間になり、途中で諦めないしつこい人間になった。
 しかし、どうも性に合わないことが分かり、またあの大将のところへ行った。
「戻してくれじゃと」
「はい、またあのデングリ岩で」
「裏返しすぎたようじゃな。よしよし」
「今度は腹を下にした姿勢からひっくり返すのではなく、その中間の横へ少しだけ返そう。どの程度がいい。返しすぎると、今とは正反対になる。角度を調整するから、いいなさい」
「中程が好きです」
「あ、そう中程か。今なら微調整できるぞ」
「中程でいいです」
 これで適度になったのか、岩田は普通になった。しかし老人の調整が悪いのか、中間だと言ったのに、まだ少しだけ引き気味だった。こういうものの中間を出すのは難しいようだ。
 その後、岩田は今までのように極端に引くようなことがなくなり、長く同じ職場にとどまった。
 
   了

posted by 川崎ゆきお at 11:11| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする